«

»

3月 19

危機感と認知度が低い自転車違反

自転車と言えば身近な乗り物。
車よりも生活に密着して、私にとっては徒歩と変わらないくらい。
だからリラックスしてブラーッと、町中を走ってしまうのですが・・・。
自転車の法律改正があり、少し緊張感を持つようになりました。
もちろん法律改正の前から気を付けてはいました。
自転車に乗りながら音楽は聞かないようにしたり、携帯は見ないようにしたり。
気を付けているのはどちらも40歳間近になり、若い頃より注意力が落ちて来たと自覚したため行っていることですが、どちらも法律改正で違反となりました。
違反となったのに、テレビでスマホを見ながら自転車で走っている男性に、警察官が声をかけているのを見ました。
男性は嫌々ながら警察官の注意を聞き入れていましたが、結局はスマホを見ながらまた走り出していました。
他には夜になってもライトを点けず走っている人達が、たくさん映っていました。
やっぱりまだ法律改正しても、生活に密着し過ぎている自転車には危機感が持てないのかもしれません。
高額の慰謝料を払わなくてはならなくなった事故が遭っても、自分には起こらないと思ってるのかもしれません。
そういう人達を見ると、私は危機感を持とう!と思うのですが、雨が降ると傘をさして自転車に乗りたくなります。
カッパを着るのは恥ずかしいし面倒という理由で・・・。
自転車の法律改正が大勢の人に浸透すまでは、なかなか時間がかかりそう。
せめて違反なことをCMで流したりすれば、もう少し認知されそうな気がします。プロミスの審査に通過するために必要な3カ条!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>