«

»

11月 30

安月給でも黒字になるやりくり法

夫婦と2歳の子ども1人、3人暮らしをしています。

我が家は私が専業主婦なので夫の収入のみで生活しています。月収は同年代の平均より少ないと思います。

お給料日前になるとピンチになることもあるのですが、なんとか貯金分も確保しながらやっていけています。そんな我が家のやりくりの仕方をご紹介します。

●固定費の見直し

家計を見直す時、食費や日用品など手許の現金の節約に注目してしまいますが、うちは毎月口座から引き落とされる固定費を見直しました。通信費、新聞代、保険料、夫の習い事費を削り、日々の生活費や貯蓄に回しました。

通信費は主にスマホ2台ですが、契約期間が残っているので格安SIMには乗り換えず、プランの見直しをして数千円安くしました。契約期間が終われば格安SIMも検討する予定です。

新聞は、夫は会社で新聞が読めるのと、私は子育て中で読む時間が取れないので止めました。

保険はほけんの窓口で見直し、最低限のものに変えました。

夫の習い事は、趣味の範囲でしたがもう満足しているようで、自ら辞めると言ってきたのでやめました。今後お互いに習い事をする場合はお小遣いの中でできるものにしようということになりました。

我が家は現在借り上げ社宅で家賃も安く、住宅ローンがないので、これで黒字になりました。

固定費の見直しは、契約変更などの手間はかかりますが、済ませてしまうと後がとてもラクです。

●通販ではできるだけ買わない

ネットで買ったほうがお得な商品もあるのですが、我が家は絶対に必要な物しか通販しないことにしています。増税前に子どもの身の回りの物や夫婦の服などたくさん買いましたが、二年経っても使用していないものもいくつかあります。中には店舗だったら買ってないだろうなというものもあります。出費を安くおさえるためにしたのですが、結果的には無駄な出費をしてしまいました。その経験から多少割高でも店舗で買えるものは直接見て買うようにしています。そうすると無駄なものを買わなくなっていきました。

通販の会社は、その商品がとても魅力的に見える写真や説明を載せています。買う時はそれを念頭において我を忘れないように選んでいます。 バンクイック審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>