«

»

2月 18

福島第一原子力発電所でのニュースを聞いてまだ、悲しいです

9日のニュース見て、「福島第一原子力発電所2号機の原子炉格納容器内で、毎時650シーベルト(速報値)の高い放射線量が推定される場所が見つかりました。」と。
私は、まだまだ、地震の傷が残っていると思いました。やはりこの原子力の怖さがみんなに伝わっていないのでしょうか。
原子力発電所を建てることは、自然環境を矛盾することです。
人間は、得になるもので有れば、未来のことを考えずに作る欲を持っているから、こんな結果を持ってしまったこと。
反省もなく、繰り返すこと、人と地球環境の関係性を考えられたニュースでした。
このニュースを隠すことなく、はっきりと発表した東京電力さん達に礼を言いたいですね。
また、福島第一原子力発電所の原子炉で、放射線量が危険なことを知りながら、働いておられる人達のバックアップさせてあげてほしいと思います。
健康診断や悩み相談受付、生活保護も含めて、働いておられる人達をいたわるよう、東京電力の方や政治の方にも耳をかたむけて下さい。
一番、してはいけないことは、無視することや忘れることです。
ニュースとは、知る・見る人に事実を伝えたい言葉の代わりになります。みんなで一緒にニュースを見ることはこの気持ちなのでしょうか。総量規制対象外 銀行カードローン審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>